最近の救命胴衣はスタイリッシュ!

海をなめてはいけない

堤防から海に落ちた場合、海面から堤防の上まで高さがあるため、簡単には上がれない場合が多いです。
海沿いに積まれた消波ブロックから釣りをすることも多いですが、その隙間に落ち込んだりした場合も自力ではなかなか這い上がれません。
穏やかな海なのに、突然高波が発生することもあります。

怖いことをたくさん書きましたが、海で遊ぶ場合は危険に備えておくことが大切です。
備えあれば憂いなし、ですね。

ライフジャケット

ライフジャケット(救命胴衣)と言えば、海で働く人たちが着ているオレンジ色のベストを思い浮かべる人も多いと思います。

しかし、最近の釣り用のライフジャケットは、デザイン性に優れたものがたくさんあります。
それは普段は空気が抜けたコンパクトな状態で、着水したときに小型ボンベから空気を送り込み膨らむという仕組みになっているからです。

お勧めライフジャケット


インフレータブルライフジャケット ベルトタイプ 自動膨張式


現在、私自身が使っているライフジャケットです。
水の中に落ちたとき、自動的に膨らむ仕様になっています。
ベルトのように腰に巻いておくタイプなので、夏場でも蒸れる心配なく装着できます。