釣る興奮、食す喜び、贈る楽しみ ―― エギング

エギング始めてみませんか

エギングというのは、烏賊(いか)の釣り方の一つです。
餌(えさ)の代わりに、エギ(餌木)という樹脂製の海老のような形をしたものを使います。

エギ(オレンジ)


釣る対象は、烏賊の中では最も高値で取引されているアオリイカです。

アオリイカ
photo credit: tomosuke214

刺身に好し、天ぷらに好し、煮物に好し……とても美味しい烏賊です。

また冷凍庫で長期保存可能な上、人にお裾分けしても大変喜ばれるので、釣りすぎて困ることがありません。

魚だと、自分で食べきれないとき、結構困ることが多いのです。
冷凍すると格段に味が落ちるし、昨今は魚料理をする人が減って、お裾分けしてもありがた迷惑だったりします。

なぜエギングなのか

アオリイカがおいしいこと以外に、お勧めする理由はエギングという釣り方の手軽さと、そのゲーム性にあります。


エギングはとても身軽な状態で釣りができます。
片手に腰にウェストバッグを巻いてギャフを下げ、片手にロッド。
これだけです。
生きた餌は使わないので、思い立ったときに出かけられます。

帰宅したときの後片付けも楽です。
釣った烏賊はビニール袋ごと冷凍庫に入れる。
使ったエギなどはしばらく水につけた後、乾かすだけです。

後片付けが簡単のは重要です。
疲れて帰ってきた後、長々と道具の手入れをしなければならないと、気軽に行く気になりません。


烏賊はのんびりと海中を漂っているようなイメージをお持ちかもしれません。
しかし、彼らはウォータージェットのように水を噴射しながら、かなりの推進力で泳ぎます。

次の動画をご覧になれば、エギングのイメージがつかめると思います。